ア・ラ・カルト〜季節と気分で選ぶ小説&映画〜

季節と気分に合わせた読書&映画鑑賞の提案

秋の紅葉を背景に父娘とグース達の壮大な渡りの旅を。映画「グース」

「ママがいれば」

「いるさ、お前の横にいる グースとともに、あの空に  どこにもいる」
(劇中 エイミーとトーマスの台詞より)

 

 

 

f:id:josiemarch:20180923134948j:plain

ご紹介する映画は、1996年アメリカ製作映画「グース(原題 FLY AWAY HOME)」です。

 

あらすじ

ニュージーランドで母と暮らす14歳のエイミー。しかし、母子ともども交通事故に遭い、母は帰らぬ人に。エイミーは幼い頃に母と離婚し生き別れたきりだった父のトーマスとカナダ・オンタリオで暮らすことになる。

母を亡くしたこと、他人同然の父(それも変わった彫像やレプリカを作る芸術家)と突然暮らすことになったこと、慣れない土地、父のガールフレンドの存在・・・。エイミーはトーマスに心を開かず、むなしく森を彷徨う。トーマスもまた、娘にどのように接すればよいのか分からず、2人の間はぎくしゃくしていた。

そんなある日、エイミーは伐採された森で温める親鳥もなく放置された16個のグースの卵を見つける。仕事に没頭するトーマスの目を盗んで卵を納屋に持ち帰り、タンスの中で大切に衣類に包んだうえ電球を入れて温めた。

翌日、タンスの引き出しを開けると、無事に孵化し、16羽のヒナ達が誕生していた。

最初は難色を示したトーマスも最後は折れて、エイミーは16羽のグース達のママとなった。夏を通してエイミーとトーマスのもとで成長していくグース達。やがて秋になると、渡り鳥であるグース達は南へ渡る。しかし、エイミーのグース達には道案内をする親鳥がいない。そこでトーマスは趣味である小型軽量飛行機でグース達を南へ誘導する事を提案する。トーマスがエイミーを先導し、エイミーの後をグース達が追うのだ。

トーマスのガールフレンドのスーザンやトーマスの兄デビット、トーマスの飛行機仲間バリーも地上部隊として協力することになり、エイミーの飛行機操縦訓練と、グース達の飛行訓練も大詰めを迎える。渡り先は隣国アメリカのチェサピーク湾から程近い湿地帯。4日間、500マイルにわたる“パパグース号”と“ママグース号”と16羽のグース達の壮大な渡りの旅が始まる。

 

 

 

味わいポイント

 

 

いわゆる「いいお話」ありがちなそれである事は否めません。否めませんが、それでもなお、この作品は良作だと素直に思えます。それは二つの良い点を持ち、かつその二点のバランスが取れている作品だからでしょう。

描写の細やかさ・自然さ

 物語は主人公のエイミーが交通事故で母親を亡くすところから始まります。エイミーは10年も顔を合わせていない父トーマスに引き取られ、NZからカナダ・オンタリオへ。ところが10年も顔を合わせていなかったので父娘とはいえ、まるで他人。おまけにエイミーは複雑な年頃の10代で、トーマスは妙な作品ばかり作っている芸術家

・・・と、ここまでで既に、「ドラマチックな不幸」と、「初対面同士にありがちな不協和音」という、映画にありがちな設定が仕込まれているわけです。

↓毎日むなしく森の中を彷徨う日々のエイミー・・・

f:id:josiemarch:20180930174610j:plain

そこへ開発のための伐採で親鳥を失ったグースの卵を、エイミーが孵化させ育てるという特殊性が出てきます。

↓一つずつ丁寧に卵を拾って納屋へ運びます

f:id:josiemarch:20180930173443j:plain

ただ、これも最愛の母親を亡くし、失意にある女の子が、自分と同じような境遇のヒナ達に出会い、今度は自分が“母親”になって失意から這い上がるという、やはり映画にありがちな設定でしょう。

 

設定的にはどこを取っても「いいお話」にありがちな事ばかりなのです。

でも、なぜか嘘っぽさが無いのは、描写が細やかかつ自然だからです。

映画冒頭の父娘の“ぎくしゃく”は始終抑えた雰囲気で描かれています。「ほら、対立していますよ!」というのを見せつけるような、安っぽい単純な映画にありがちな罵詈雑言を吹っかけあう場面はありません。代わりにあるのは、「もう部屋から出てってよ!」ではなく「疲れちゃったから・・。」とか、「変なものばかり作って頭おかしいんじゃないの?」ではなく「もう赤ちゃんじゃないからお構いなく。」といった静かな拒絶見えない壁

16羽のグース達を育てていくうちに、いつの間にかトーマスに変化が現れます。グース達の面倒を見るエイミーを“見守る”ようになるのです。優しくしたり、きつくしたりといった「父親らしくせねば」といった不自然なポーズを止め、エイミーの成長を感じ始め、遠くから見守る眼差しは、いつの間にか父親のそれに変化しています。

f:id:josiemarch:20180930174238j:plain

f:id:josiemarch:20180930174311j:plain

エイミーが小型軽量飛行機を勝手に操縦してあわや、という事件では死ぬほど心配したり、その後にエイミーを信頼し操縦させることにしたのは、彼が完全にエイミーを自分の大切な娘と感じるようになった証でしょう。

↓エイミーを信頼し、飛行機の操縦を教える決断をするトーマス。恋人のスーザンには「気はたしかか?」と激怒されますが(笑)。スーザンもエイミーの事が大切になってきたからこその怒りでした。

f:id:josiemarch:20180930173725j:plain

f:id:josiemarch:20180930173921j:plain

この「心配」「信頼」に触れて、エイミーもいつしかトーマスの"娘”になっています。この、エイミーとトーマスが本当の父娘になる過程は、自然で細やかに描かれています。

 

映像と音楽の美しさ

当たり前な事ですが、映画といえば映像と音で表現されるものである以上、映像と音の美しさ重要な要素です。本作は映像美や音楽の美しさも格別です。

本作のグースと小型軽量飛行機の併走シーンのほとんどは、実際の映像です。(ほんの一部だけCGのシーンがあり、96年の作品なのでそれがバレバレなのはちょっと残念)

後半はいよいよトーマス・エイミー父娘と16羽のグース達の壮大な渡りの旅が始まり、物語も場面も目まぐるしく展開していきますが、後半はもちろん前半も、その映像と音楽の美しさは一貫しています。前半はオンタリオの広大な森や野原が、のびやかな弦楽器の音に包まれています。しかし、どこか悲しげなものを感じさせるのは、エイミーの心情とリンクしています。

そして一度観たら忘れられなくなるほど美しい、後半のグース達と父娘の併走シーンの数々。

f:id:josiemarch:20180930174046j:plain

夕焼けを背景にした黒いシルエットの美しい併走、紅葉の進むの上をいく併走、オンタリオ湖すれすれをいく苦しい併走、送電線の間や高層ビルを縫っていく緊迫の併走、そして空を映す川面の上、まるで空の中ほどを進むような幻想的な併走

f:id:josiemarch:20180930174124j:plain

映像も音楽も、親子の絆を反映するかのように移り変わっていきます。

 

 

紅葉の便りが聞こえ始めたら、渡り鳥たちに想いを馳せつつ、エイミーとトーマスと16羽のグース達とともに、壮大な渡りの旅を味わってみませんか。